猫にドッグフードを与えないで

 ペットショップでは、ドッグフードとキャットフードが別々に売られています。
同じ会社の製品ですと、パッケージも似ているので、キャットフードと間違えてドッグフードを買ってしまった人もいるのではないでしょうか。
せっかく買ったのだし、もったいないから猫にあげてしまおうと安易に考えている人もいるかもしれませんが、実はこれ、猫の健康に良くないことなのです。

 犬も猫も基本的に肉食動物なのですが、猫は犬と違って「完全肉食動物」で、肉しか食べないのです。
このため、犬より大量のタンパク質を摂取しないといけない体の仕組みになっています。

 特に、網膜に必要な「タウリン」というアミノ酸は、犬は体内で合成できますが、猫は食べ物によって外部から摂取しなければなりません。
このため、キャットフードにはタウリンが大量に含まれていますが、ドッグフードにはほとんど含まれていません。
猫にドッグフードを長期間与え続けると、タウリンが不足して網膜に悪影響が出て、失明してしまう可能性すらあるのです。

 ドッグフードは犬のために、キャットフードは猫のために。
別々に売られているのには、ちゃんとした理由があるのです。